スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ア・フイ・ホウ! A hui hou!

パイナップル・ルーム、閉店です・・・

アラモアナ・センターのメイシーズに入っていた「パイナップル・ルーム」。ハワイを代表するカリスマシェフのひとり、アラン・ウォンのレストラン。ウォン氏が、若手にレストラン運営を体験させる目的で開いたとか。いらしたことのある方も多いのでは。

アラモアナ・センターのメイシーズに入っていた「パイナップル・ルーム」。ハワイを代表するカリスマシェフのひとり、アラン・ウォンのレストラン。ウォン氏が、若手にレストラン運営を体験させる目的で開いたとか。いらしたことのある方も多いのでは。

「入っていた」?そうなんです。「パイナップル・ルーム」、7月22日(土)をもって閉店してしまったんです。当初は7月29日を最終日と発表していたんですが、メカニカルトラブルとかで、突然、1週間早い閉店(涙)。ナビは運よく前倒し閉店日の数日前に足を運ぶことができました。ガラ~ンとして見えるのは、午後遅め、ランチには遅過ぎ、ディナーには早過ぎる微妙な時間だから。いまでこそハワイに中休みのないレストランが増えましたが、昔は通し営業のお店は貴重でした。

「入っていた」?そうなんです。「パイナップル・ルーム」、7月22日(土)をもって閉店してしまったんです。当初は7月29日を最終日と発表していたんですが、メカニカルトラブルとかで、突然、1週間早い閉店(涙)。ナビは運よく前倒し閉店日の数日前に足を運ぶことができました。ガラ~ンとして見えるのは、午後遅め、ランチには遅過ぎ、ディナーには早過ぎる微妙な時間だから。いまでこそハワイに中休みのないレストランが増えましたが、昔は通し営業のお店は貴重でした。

オープンしたのは、1999年。まだ「メイシーズ」が「リバティハウス」(ご記憶の方、いますか?)だった時代です。現在は(まったく)珍しくないプランテーションアイスティー、当時はまだ提供してくれるレストランもそう多くなく。ココは気前よくボトルで入ってくるのが嬉しい・・・嬉しかった!

オープンしたのは、1999年。まだ「メイシーズ」が「リバティハウス」(ご記憶の方、いますか?)だった時代です。現在は(まったく)珍しくないプランテーションアイスティー、当時はまだ提供してくれるレストランもそう多くなく。ココは気前よくボトルで入ってくるのが嬉しい・・・嬉しかった!

当初はメニューに記載のない「裏メニュー」として人気だったサーモン茶漬け。あまりの人気に正式にメニュー入りしたのも遠い昔です。

当初はメニューに記載のない「裏メニュー」として人気だったサーモン茶漬け。あまりの人気に正式にメニュー入りしたのも遠い昔です。

さすがアラン・ウォン、普通のロコモコとはひと味もふた味も違うとファンの多かった特製ロコモコ。

さすがアラン・ウォン、普通のロコモコとはひと味もふた味も違うとファンの多かった特製ロコモコ。

「18年間、ここで思い出と友をたくさん作りました。みなさんに感謝です。オープン当時とはダイニングシーンも大いに変わり、潮時かと思いました」とはウォン氏の弁。確かに。アメリカ国内の人々の食に対する意識も変わり、ハワイの食シーンも以前とは考えられないほどグルメ志向になりました。閉店は残念だけど・・・ウォン氏の新たな挑戦を期待して、ア・フイ・ホウ(さようなら、See you)!

「18年間、ここで思い出と友をたくさん作りました。みなさんに感謝です。オープン当時とはダイニングシーンも大いに変わり、潮時かと思いました」とはウォン氏の弁。確かに。アメリカ国内の人々の食に対する意識も変わり、ハワイの食シーンも以前とは考えられないほどグルメ志向になりました。閉店は残念だけど・・・ウォン氏の新たな挑戦を期待して、ア・フイ・ホウ(さようなら、See you)!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-07-31

ページTOPへ▲

その他の記事を見る