スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ハワイ行!大韓航空に搭乗しました

日本からホノルルへの直行便が増えてますます便利になったハワイ旅行。航空会社のフライト時間を上手に使い分けて、空の旅を有効活用しよう。

スカイブルーのコリアン・エア

スカイブルーのコリアン・エア

アローハ!ハワイナビです。昨年2013年3月末に、成田〜ホノルル直行便の運行を開始し、今年で就航一周年記念を迎えた大韓航空(コリアン・エア)。その大韓航空に搭乗して、ハワイから日本へ帰国した際のレポを早速お届けします。行きがホノルルから成田、戻りが成田からホノルルの順なので、日本からハワイ旅行に来られる方のフライトとは順番が逆になってしまいますが、そこはご勘弁を。
機体はエアバス A330−300

機体はエアバス A330−300

ところで、日本人には1988年からと随分昔から適用されていたアメリカ連邦政府による「ビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)」。90日以内の観光・商用目的の場合にビザ(査証)無しで米国への渡航を許可されます。このプログラム、2008年11月から韓国国籍の人にも許可されたこともあり、ハワイ(アメリカ)を訪れる韓国人観光客数もここ数年でかなり増えてきたと言えます。更にアメリカの電子渡航認証システムESTAの導入などの背景も含め、各航空会社の便の種類が増えますます便利なってきているハワイへの空の旅です。

KE2便、ホノルル発ー成田着

コリアン・エアは4番ロビー

コリアン・エアは4番ロビー

今回利用したのは、午前11:55ホノルル発/翌日15:20成田着予定のKE2便です(季節によって飛行機の出発時間は前後します)。空港までの途中どんな渋滞があるとも限らないので、当日はきちんと出発3時間前のチェックインを目指していざホノルル空港へ。
ホノルル空港の出発ロビーは二階、そして大韓航空のチェックインカウンターは4番ロビーです。渋滞も特になくすんなり空港に着いたので、大韓航空チェックインカウンター周辺の人もまばら。なのでチェックイン手続きはいともあっさり終了しました。続いてセキュリティーチェックにてX線で機内持ち込み荷物を検査、金属探知機で身につけている貴金属をチェック。これらを通過して晴れて空港内を歩き回れます。
セキュリティチェックを通り抜けたら色々お店が見えてきます セキュリティチェックを通り抜けたら色々お店が見えてきます

セキュリティチェックを通り抜けたら色々お店が見えてきます


目的のゲートまではまだまだ歩きます

目的のゲートまではまだまだ歩きます


搭乗までたっぷり時間がありますが、念のため搭乗ゲートを事前に確認。今回は29番ゲートからでした。お土産屋さんなどのショップを脇目に目的のゲートへ向かってずんずんと進んで行き、一旦外通路に出て29番ゲートのあるエバコンコースに入ります。そこでとりあえず搭乗ゲートが確認できたので、お店が並ぶ方まで引き返し、残り時間を食事やショッピングで楽しみます。
サインに従って歩いて行きます

サインに従って歩いて行きます

定刻通りの出発です

定刻通りの出発です


あまった時間で見て回るウィンドーショッピングも楽しみの一つ

あまった時間で見て回るウィンドーショッピングも楽しみの一つ


出発前のするべき事が済むとタイミングよくお腹も空くもので、フードコートで軽く(いや、しっかり)食事を頂きました。そしてお土産の物色。ナビは空港で決まってホノルル・クッキー・カンパニーでクッキーをお土産に購入します。空港内の店舗ではスタンプカードは使えないですが、直前にホノルル・クッキー・カンパニーが買えるのはやっぱり便利、買い忘れた人も安心です。
あとは機内で飲むドリンク類や暇つぶしに読む雑誌など、必要に応じて購入しておきます。

さて、出発の約30分前からいよいよ搭乗開始です。ファーストクラス、ビジネスクラス、小さい子供連れの人など優先的に搭乗してから、我らがエコノミークラスの搭乗です。ボーディングパスを渡して半券を貰い、機内に乗り込むあたりからテンションが上がります。
ペットボトルのお水は何かとありがたい

ペットボトルのお水は何かとありがたい


客室乗務員の方々に迎えられながら機内に入り込み、自分の座席番号を確かめて座席につきます。各座席には、枕、毛布、水のペットボトルが用意されています。各自座席につくと、ヘッドフォンとスリッパ&歯磨きセットが配られます。子供には、塗り絵&クレヨンが袋に入ったセットのプレゼント。
ヘッドフォンには自分でスポンジカバーを付けます

ヘッドフォンには自分でスポンジカバーを付けます

おこちゃまには塗り絵とクレヨンセット

おこちゃまには塗り絵とクレヨンセット

スリッパ&歯磨きセット

スリッパ&歯磨きセット



機内持ち込み荷物を座席上の収納棚または前座席の下にしまい、安全ベルトを締めて離陸の準備は万端!晴れ渡るハワイとしばしのお別れです。
今回搭乗した飛行機は「エアバス A330-300」新エコノミーキャビン。前シートにはリモコンやハンガーフックなど便利な機能付き。各座席にはタッチパネルのパーソナルモニターAVOD(Audio & Video on Demand)があり、テレビ・音楽・映画・ゲーム・運行状況などの多彩なメニューから、好きなものを好きな時に見る事ができます。
※路線・スケジュール・機種等により、利用できるサービスが異なる場合があります。
タッチパネル式スクリーン

タッチパネル式スクリーン

隣の画面は黒く見えるので、プライバシーも保たれます

隣の画面は黒く見えるので、プライバシーも保たれます

リモコンなど便利機能が埋め込まれた前座席

リモコンなど便利機能が埋め込まれた前座席

言語選択ができて便利

言語選択ができて便利


ジュースとナッツのスナック

ジュースとナッツのスナック


離陸後約30分くらいしたところでスナックタイム、離陸後の優雅な一時を味わいます。

ところで今回の成田行き大韓航空の機内には日本語を話せる(または日本人の)客室乗務員が数名いました。機内アナウンスは日本語でも流れますし、何か分からない事があれば気軽に日本語で質問する事もできるので安心です。
お約束で撮ってしまう飛行機の窓からの景色 お約束で撮ってしまう飛行機の窓からの景色

お約束で撮ってしまう飛行機の窓からの景色


人気のメニュー、ビビンバ

人気のメニュー、ビビンバ


パーソナルモニターで映画などを楽しんでいるうちに夕食が配られる時間となりました。夕食はビビンバ、チキン、ビーフの3つ選択があるうちから一番人気のビビンバを選択。ビビンバは具材の入った器にご飯を入れ、チューブ式のコチュジャンで量を調節して自分で作ります。辛いもの好きのナビもさすがにコチュジャンは全部使いきりませんでしたが、味は評判通りのおいしさです。

朝食のパスタ

朝食のパスタ


またしばらくして疲れと睡魔に襲われている頃、一口サイズのおやつのブラウニーが配られていました。眠っていると判断されたナビは、ブラウニーを貰い逃がしてしまったため写真を取り損ねました、残念。
しかし、しばらくすると朝食(日本時間で考えるとランチ)が運ばれてきたので気を取り直してパチリ。パスタを頂きましたが、お腹が殆ど空いていなかったので少し味見をしてごちそうさま。再び眠ります zzz......。

KE1便、成田発〜ホノルル着

今回は26番ゲートから搭乗

今回は26番ゲートから搭乗


次は日本からハワイへのフライトです。21:20成田発/同日午前10:05ホノルル着予定KE1便です。日本へ行く時同様、早めにチェックインしてゲートの確認です。しかし目的ゲートに着いたらまだ別便の搭乗待ちの人達で混雑中。思わず近くにいたカート整理のおじちゃんに聞くと、おじちゃんはポケットから便名一覧の紙を取り出し確認、間違いないとのこと。こういう質問には慣れているようです。
さて、時間も時間なので飛行機に乗る前からかなり眠く、飛行機を待ちながら寝過ごしてしまいそうな勢い。

無事に寝過ごす事もなく飛行機に搭乗しました。座席には成田行きの飛行機と同様に、枕・毛布・お水のペットボトルなどが用意され、スリッパ&歯磨きセットも配布されます。そしておこちゃまに配られたのは奇妙な物体。しわくちゃに真空パックされた大韓航空のキャラクターと思わしきぬいぐるみで、こちらは小さなペンギン「ポロロ」という名前がついています。袋を開けると、子供用の丸めた毛布を背負ったポロロが登場。
見るも哀れな真空パックの姿

見るも哀れな真空パックの姿

袋を開けると小さい毛布とぬいぐるみ

袋を開けると小さい毛布とぬいぐるみ



ここで機内エビソードですが、ちょうど通路を挟んだ隣の席に若い日本人夫婦が赤ちゃんを連れて座っていました。赤ちゃんを抱えた若いお母さんが「泣いたりしてうるさくなると思うのでご迷惑おかけすると思います、すみません」と先に周りの席の人に頭を下げていたのが印象的でした。まだ一歳にもなっていないという赤ちゃんなので、実際、離陸時やその後数時間に渡ってかなり泣き続けていましたが、女性の客室乗務員がこまめに席に来て赤ちゃんのご機嫌取りをしていました。これも赤ちゃんの親御さんと他のお客さんへの気配りですね。全体を通して乗務員の皆さんが子供に親切な印象でした。

夕食のチキン

夕食のチキン


離陸後しばらくして遅い夕食(夜食)が配膳されます。メニューは成田行きのフライトと同じメニューからチキンを選択。もちろんビビンバもあるので、一回では飽き足らないという人はもう一度どうぞ。実際は、眠気で目も半開き状態の時間なので、いくつかチキンをつまみチューブ式の梅ゼリーをちゅるちゅる頂いただけでおしまいにしました。

さっぱりとした朝食

さっぱりとした朝食


その後グーグー眠ることしばし。くいしんぼう万歳ナビは朝食ワゴンの気配で目を覚まします。眠気と戦いつつも、朝食を写真に納めることに成功。その後眠気に負け、パンををかじったまま再び眠るのであります。

ですが朝食が終わればホノルル空港まではもう間近。成田へ向かうよりホノルルへ向かう方がフライト時間がやや短いせいもあり(ほとんど寝ていたし)、「もう着いたの?」という感覚です。
外へ出るとハワイの強い日差しが「アローハ!」とお出迎え。


大韓航空の空の旅、いかがでしたか?成田発ホノルル行きは夜の出発なので、お仕事を終えてからでも飛行機間に合う便利なスケジュール。またホノルル発成田行きはお昼の出発なので、朝ゆっくりであせらなくていいのがポイント。設備も新しく機内は清潔、乗務員は親切できめ細やかなサービス。皆さんも機械があったら是非利用してみて下さい。以上、ハワイナビでした。

関連タグ:コリアンエア

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-07-02

ページTOPへ▲

関連記事

ハワイアン航空に搭乗しました!

ハワイアン航空に搭乗しました!

2010年11月に羽田便、2011年7月には関空便が。さらに2012年4月からは福岡便が開始する好調ハワイアン航空にナビが搭乗してみました。

その他の記事を見る