スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ハワイで長期滞在!お金編

ハワイで長期滞在 お金の事

アロハ~ハワイナビです。
旅行客を虜にしてしまうハワイ!なにか魔法にかかったように1度来られた方は、ハワイに戻りたい!住みたい!帰りたい!と、おっしゃる方が多いハワイ(ナビもその一人です)そして夢見るのがハワイで長期滞在を!?しかしハワイの物価は全米トップクラスなので旅行のように毎日お買い物をする生活をするわけにはいけません。(できる人も沢山いらっしゃいますが)なので今回はハワイのお金にまつわることを少しご紹介したいと思います。


基本編 お金

紙幣

紙幣

ハワイの通貨はアメリカ合衆国ドル通称USドル、米ドル、アメリカドルなどとよばれています。
紙幣は 1ドル、5ドル,、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルです。2ドル紙幣もありますが稀です。
硬貨は 1セント(ペニー)、5セント(ニッケル)、10セント(ダイム)、25セント(クォーター)

日本と違い穴の開いた50円や5円玉はありません。余談ですがナビのロコのお友達に穴の開いたお金を見せると大変驚き喜んでくれました。



換金

両替所

両替所

日本で換金をするのも良いのですがハワイでも換金可能です。換金の際日本との為替レートより少し高いと思ったことがありませんか?例えばニュースでは1ドル100円なのに、換金所に行くと1ドル103円だった。これは手数料込みの金額なので差額を入れたレートになる事をお忘れなく。。主な両替場所はDFSギャラリアやロイヤルハワイアンアベニューにある日本円両替店などです。ハワイでは両替店がたくさんあるので散歩がてらにレートを調べるのもおもしろいかもしれませんね。

DFSワイキキギャラリア

DFSワイキキギャラリア

各国のレートが表示されています

各国のレートが表示されています

トラベラーズチェック

アメックスさんからおかりしてきました

アメックスさんからおかりしてきました

トラベラーズチェック
500ドル分のトラベラーズチェックを持ってきたが意外と使える場所が少なかったりしませんか?トラベラーズチェックはハワイの銀行などで現金化することが可能ですが、提携銀行でなければ手数料を取られる場合もありますのでご注意を!また 50ドルや100ドルのトラベラーズチェックはホテルで換金してくれる場合もあまりす。他にファーストハワイアンバンクのワード店では手数料なしで現金化してくれます。こちらはアメリカンエキスプレスのトラベラーズチェックは手数料無料です。

クレジットカード

色々な種類のクレジットカード

色々な種類のクレジットカード


クレジットカード社会のアメリカではなくてはならない存在です。クレジットカードは身分を証明するものでもあり、レンタカーを借りる際にはクレジットカードがなければ、高額なデポジットを取られる場合もあります。ひとつ作っておけばクレジットカード付帯の海外保険や色々な特典などが受けられる場合もあるのでぜひ一枚は持って行くことをおすすめします。ナビはハワイで怪我をし病院に行ったのですが、その際無料(保険)で受診することができ、クレジットカードの海外連絡先をコピーして持参してよかったと思いました。また電話で色々な疑問にも日本語で対応してくれたので便利でした。



チップ

小額の方が便利

小額の方が便利

日本にはなじみのないアメリカの文化の代名詞ではないでしょうか?
チップの相場は10パーセントから20パーセントです。チップの渡し方ですがレストランでクレジットカードはそのままレシートに数字を記入するだけですが、現金支払いの場合にチップの金額分のお金がない場合はそのまま多めにお金を渡すとおつりが帰ってきますのでおつりでチップを払えばよいのです。ウエイターは気を利かして細かいのをおつりにしようか?と聞いてくれる場合もあります。しかしアメリカの少数のウエイターはたまにおつりを持ってこないので、その場合にはきちんとおつりを請求しましょう。ナビは、レシートできちんと食べたものと合っていか必ず確認したほうが良いと思います。たまに二重請求されている場合もあるのでご注意を!


物価

スタジオタイプのコンド

スタジオタイプのコンド


まず長期滞在するには宿泊施設を探さなければいけません。長期滞在の場合コンドミニアムで宿泊される方が多いと思いますが、目安としてスタジオタイプ(日本でいうワンルーム)で1ヶ月約1200ドルから1600ドルです。この中に光熱費や電話代、インターネット代込みが多いです(これプラス州税、退去時の清掃費など)。ハワイは家賃が高いことで有名ですが2ベットルームで約2500ドルなどが主流。また今人気のシェアハウスを借りると、約700ドルからなどもあります。アメリカの住宅事情は2ベットルーム2バスなどが主流でひとつの部屋にバスルームがついている場合が多く、限りなくプライバシーは守られていることが多いです。日本からインターネットなどで宿泊施設を見つける事が主流になっている今、約款や立地、デポジットなど、ハワイ滞在中困らないように宿泊施設を探すことをおすすめします。(不安な人はエージェントに頼むのも安心です)


毎日の食事は??

KCCファーマーズマーケット

KCCファーマーズマーケット

ハワイで長期滞在になると、毎日のように外食とはいかないと思います。多くの方は自炊をされると思うのですが、スーパーでお買い物をするのも良いですが、お手ごろ新鮮野菜を手に入れられるファーマーズマーケットをおすすめします。スーパーマーケットより値段も安く、新鮮でローカルのものを食べれます。値段はやはり、その時期にもよりますがきゅうり2本約2ドルやアワビも安価で売っています。日本では高いマンゴーも約2.3ドルくらいで手に入れることも可能です。特に野菜などはファーマーズマーケットがおすすめです。しかしナビはついつい買い食いしてしまい、マナプアや餃子、できたてパンなども買ってしまい高くついちゃう事もあります。だっておいしいんですよ!本当に!

たまには外食も

やっぱりアヒが食べたくなります

やっぱりアヒが食べたくなります

外食にかかるお金はプレートランチやお弁当で約5ドル~10ドル、通常のレストランで約20ドル~40ドル(回転寿司やファミリーレストラン)高級レストランでは50ドル~(ステーキハウスや日本料理)などがハワイの相場です。しかし日本人の胃袋はロコとは違い、多くの人は食べ物の半分は残す方も多くお持ち帰りのボックスに入れてもらい次の日の朝食やランチにしたりします。ナビはそのためにパスタのラージやお肉も500グラムを頼んだりします。ハワイでは大盛りはあまり値段がかわらないのである意味お徳かもしれません。

いかがでしたか?今回は少しハワイ長期滞在の際のお金のことを考えてみました。しかしハワイ旅行どんなアクシデントがあるかもしれないのでお金には余裕を!宿泊施設は少し値段が高くてもセキュリティのしっかりしたところを選ぶのをおすすめします。ではナビがお伝えしました。快適な旅を~


関連タグ:長期滞在

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-09-25

ページTOPへ▲

その他の記事を見る