スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ハワイで初めての運転!

どうしよう?の前に読んでおこう!

こんな大きな交差店にも信号なかったりします

こんな大きな交差店にも信号なかったりします

こんにちはハワイナビです。
皆さんはハワイに来た際の交通手段は?
ザバスですか?トロリーですか?ハワイにはたくさんの公共の乗り物や徒歩での行動手段などがありますが、
今回はせっかくのハワイ!車の運転に挑戦してみてはいかがでしょうか?
今回ナビではハワイで車に乗る際困らないように注意ポイントをご案内したいと思います。
それでは青空のハワイドライブへ行ってみよう!

どうしよう車の手配

ダラーレンタカーさんからお借りしてきました

ダラーレンタカーさんからお借りしてきました

まずなにをさておき車がなければ、ドライブも始まりません。まずレンタカーのご説明を!
一番簡単なのは出発日前に日本でのインターネットでの予約が簡単です。なによりも、予算や、日程など細かく決められる事も重要なことですね。ナビのお勧めは簡単インターネットで予約もできるダラーレンタカーです
滞在中のサポートも日本語で案内してくれるので安心ですね。またホノルル空港で車のピックアップをすることで、チェックインの前にビーチでまったりすることも、アラモアナショッピングセンターでお買い物のリサーチなど短い旅行日程の中で時間の節約にもなりますね。

ハワイでレンタカーを借りる場合

安心ニッポンレンタカー

安心ニッポンレンタカー

しかし旅とは気まぐれなもの...突然ハワイに来て車に乗りたくなった場合には、ワイキキDFSにあるニッポンレンタカーがおすすめです。ニッポンレンタカーには常時日本語を話せる係員がいるので、英語が不安な方にも安心です。
必要なものはクレジットカード、日本の免許証です。
そのほかには車種の指定もできる為、乗車人数や、チャイルドシート(一台目は無料、二台目からは有料)やカーナビの貸し出しの有無なの、事前に相談することもできます。前日の17:00までに電話予約をしておくと、ホテルまでの送迎もあります。DFSまで出向かなくても車を借りれるなんて便利なシステムですね。
ちなみにレンタカーは21歳以上の方から運転可能なのでご注意を!

それではドライブへレッツゴーの前に

夕暮れ時の運転には注意が必要です

夕暮れ時の運転には注意が必要です


ハワイと日本の車の運転で決定的に違うことは、右車線走行です。コレはみなさんご存知の方も多いかと思います。
レンタカーは日本車といえ、左ハンドルです。方向指示器の場所も違えば、ワイパーの位置も違います。車を運転してから確認することは危険なので、まず乗車前に確認しておきましょう。メーターはキロとマイルの両方が記載されているので、運転中混乱する場合があるので、ここもしっかりチェック!
あとは、ガソリンの給油口のボタンの確認も忘れがちです。
もしわからなければ、レンタカーの係員に聞くことも可能です。
ハワイの日本車

ハワイの日本車

方向指示器ははもちろん左

方向指示器ははもちろん左

ではドライブへ出発進行!!

クヒオ通りはワイキキの中心ライン

クヒオ通りはワイキキの中心ライン


まずワイキキの通りを簡単に説明すると、カラカウアストリート、クヒオストリート、アラワイストリートの三本の通りで成り立っています。まずハワイのロデオドライブカラカウアストリートは三車線の一方通行なのですが、ラッシュアワーの時間は常に混み合っています。そして、こちらはフェスティバルがあると完全封鎖され、歩行者天国になることもしばしばです。クヒオストリートは三本の中でも唯一の対面通行四車線の通りです。ザバスも通行している道りでもあります。最後はアラワイ通り、こちらも一方通行の通りで、アラワイ運河沿いにはパーキングある為急に渋滞することもしばしば。。。この三つの通りと自分のホテルとの位置関係を頭に入れておけばよいでしょう。
ホテルから見たアラワイとシーサイドアベニュー

ホテルから見たアラワイとシーサイドアベニュー

カラカウア大通り

カラカウア大通り

つずきましてフリーウェイへ

観光客が多いので運転には注意が必要です

観光客が多いので運転には注意が必要です


フリーウェイはホノルルの主要道路でもちろん無料です。とにかく入り口がわかりにくいので、地図もしくはカーナビで要チェックです。ハワイの渋滞は全米で第二位です。とにかくラッシュアワーには通常30分で行ける道のりも1時間半かかることも良くあるはなしです。時間に余裕を持ち計画的な行動もハワイのドライブにはひつようかもしれません。あとローカルからの注意としてはフリーウェイには色々なものが落ちています。まずびっくりするのがベットのマット!ナビは事故を起こしそうになりました。あと、タイヤのホイルやボディボードなどです。びっくりしないように一応参考までに!
黄色いラインは日本と同じです。

黄色いラインは日本と同じです。

フリーウェイの看板

フリーウェイの看板

ガソリンをいれてみよう!


車を運転しているとかならず遭遇する場面!ガソリン!ハワイでは自分でガソリンを入れなければなりません。日本でもセルフのガソリンスタンドが増えてますが、初めてだと緊張しますのでナビが簡単にご説明します。まず必要なものはクレジットカードです。現金でも払えますがアメリカはカードの国!必ず持ってきてくださいね。
まず車を駐車します。この際車の給油口が右か左かを確認することお忘れなく。
専用スロットにカードを差し込んですばやく引きます。クレジットカード社会の日本では慣れなくて、もたつくかもしれませんが、エラーが出た際にはもう一度時間を置いてやり直しましょう。
また日本のクレジットカードが使えないガススタンドが増えてきておりますので、わからない場合は店員さんに尋ねましょう。
そしてつぎに注意するポイントは、アメリカ国内の郵便番号の入力を求められるところだと思います。なのでワイキキの郵便番号を入力しましょう。96815←覚えておくと便利ですね。
続きましてガソリンの種類を入力します。一番や安いタイプのボタンを押せば大丈夫です。
またはレギュラーと書かれているボタンを押せば大丈夫です
ノズルを給油口に差し込み、ノズルを握るとガソリンが注入されます。ガソリンは満タンになると自動的にとまる仕組みになっているので、ナーバスにならなくても大丈夫ですよ。
満タンを確認したら、ノズルを給油機に戻します。そうするとレシートが出てくるので確認しましょう。

ガソリン価格

ハワイでのレギュラーガソリン価格は1ガロン約4.3ドルくらいです。1ガロン4リットル弱なので日本よりはお得だと思います。しかし全米の中でもオアフ島のガソリンは日々高騰しています。一年前までは1ガロン3ドル前半だったときが懐かしいナビなのでした。

プチ情報!

①ハワイの道路は車線も広くピックアップトラックなど大きな車も多いのですが、駐車場はなぜか狭いのでご注意を!
②駐車場のなかやショッピングセンターには速度を落とすためのBUMPもあるので、気をつけて運転しましょう。
③ハワイでは右折可の交差点がほとんどなので、赤信号でも一旦停止し、サクサク右折しましょう。
④ハンディキャップ用の駐車場には駐車は厳禁です(これは日本も同じですね)
⑤フリーウェイでは怖いからや、道がわらからないからといってむやみやたらにスピードダウンは厳禁です。車の波に乗って運転しましょう。
ハンデキャップ専用駐車場

ハンデキャップ専用駐車場

横断歩道

横断歩道

コンパクトカー専用駐車場

コンパクトカー専用駐車場

うわさのBUMP

うわさのBUMP

右折者専用レーン

右折者専用レーン

工事中の看板

工事中の看板


いかがでしたか?今回は初歩的な事をご紹介しましたが、すべて備えあれば憂いなしです。計画的に行動することで時間に余裕もでき、困ったときにも対応できると思います。次回のハワイは思い切ってオアフ島で自由にドライブしてみませんか?以上ナビがお伝えしました!!MAHALO




関連タグ:レンタカー給油

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-05-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る