スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場

ハワイのビーチの楽しみ方!

せっかくハワイに来たならば、ビーチでゆっくり過ごしましょう!

こんにちは、ハワイナビです。みなさん、お元気ですか?ハワイを満喫していますか? さてハワイといったらなんといってもビーチ。観光や買い物で忙しいかもしれませんが、ハワイに来たらやはり一度はビーチでのんびり過ごさなくては、ハワイを満喫したとは言えません(笑)。ということで今回のナビは、ビーチの楽しみ方!!
観光とショッピングに忙しくてビーチに行くヒマなんてない!なんて言わないでくださいね。ショッピングなんてどこでも出来ますが、ハワイの海で過ごすのは今しかありません。今ビーチに行かず、いつ行くのか。ハワイの海はとてもキレイです。海の中も砂浜も、ゴミひとつありません。本当にのんびりできて、タマシイの洗濯になることまちがいなしですから、多忙なスケジュールをお持ちの場合でも、ビーチで過ごす時間を少しでも作ってみてください。旅のいい思い出になりますよ!

これだけは海に持っていかなくちゃ!

海に行くのに一番重要なものは、何といってもサンブロック。日焼け止めクリームです。ハワイの日差しは本当に強いので、肌がすぐ焼けてしまいますから、サンブロックを塗ると塗らないとでは大違い。1時間でもかなり日焼けすることがありますから、ビーチに行くと決めたらサンブロックはMUSTでお忘れなく。
お水も重要なアイテム。なんたって汗をかきますから、水分補給は必ずしてください。ソーダ類はベタベタするし、余計にノドが乾いたりする場合もあるので、できればお水がおすすめです。どこにでも売っているので、最低1本は常備しておきましょう。
帽子もあったら便利です。頭も日焼けするので、長時間ビーチにいると頭皮が焼けてきます。ツバのある帽子は顔も隠せるのでさらに便利。
ビーチサンダルもMUSTアイテム。砂浜を歩くのにスニーカーやオシャレな靴では歩きにくいしダメになる。安いサンダルなら5~6ドルで売ってますから、そのへんで購入してからビーチに行きましょう。
ゴザも必要ですネ。ビーチを歩いてると、よくゴザが捨ててあったりしますが(笑)、それを拾って使うもよし、そのへんのお店で買うもよし、です。安いところだと2~3ドルで売ってますから、使い捨ても惜しくないでしょう。
サングラスもMUSTアイテム。なんたって日差しが強いので、砂浜での照り返しがまぶしくてクラクラしちゃいます。また、海辺でビキニの女の子をチラッと見たい場合なども、目元を隠せるサングラスは便利です。
そして水着。泳がなくても泳いでも、ビーチには水着を着て行きましょう。女性の場合、ハワイではビキニが基本です。アメリカ人の女性は年に関係なく、ビーチではビキニを着るもんだと思ってる人が多いので、かなり太い人でも年配の人でも平気でビキニを着ています。日本人も負けてはいられません。みなさん、ハワイではビキニを着ましょう!

スポーツが好きな人は・・・

さて、カラダを焼いて泳ぐだけがビーチでの過ごし方ではありません。もっとアクティブに遊びたい人は、サーフィンやボディーボードを楽しみましょう。初めてでも大丈夫。ビーチではあちこちでサーフィンの初心者向けのクラスがありますから、1~2時間、ちょっと勇気を出して挑戦してみませんか?初めてでも、1時間のクラスの最後にはフラフラっと波に乗れるようになるそうですヨ。
あちこちでボードの貸し出しやサーフィンのクラスが

あちこちでボードの貸し出しやサーフィンのクラスが

はじめは砂浜でイメージトレーニング

はじめは砂浜でイメージトレーニング

その後、海に入ります!!

その後、海に入ります!!

サーフィンをやるのはチョット、という人は、ボディーボードはいかがです?ボディーボードならABCストアなどでも20ドルくらいの安いものが売られてますので、クラスを受けるのはイヤだと言う人はボードだけ買って自分のペースで波乗りにトライすることもできます。使い終わったボードは、ホテルなどに寄付して帰国する人も多いとか。

何かあったら・・・

ワイキキなどのビーチは混んでいるので、砂浜ではお隣さんとの距離が近い場合もあります。ドロボウはどこにでもいるものです。油断してはいけません。海で泳いだり、荷物からしばらく離れる場合は、誰かが荷物番をしたほうがよさそうです。また、1人でビーチに泳ぎに行く場合などは荷物を見てくれる人がいないので、お金は小銭程度しか持っていかないとか(盗られても惜しくない程度)、貴重品は持っていかないとかの工夫が必要です。
そしてどこのビーチにもたいていライフガード(監視員)が常駐していますので、万が一、海でおぼれても助けてもらえるはず。岩で手を切ったりしてうっかり血がでてしまったときなどは、ライフガードのステーションに行けばバンドエイドをもらえます。ワイキキ・ビーチにはホノルル・ポリスのステーションもありますから、何かトラブルにまきこまれたらすぐに駆け込みましょう。日本語が話せる人がたいていいるので、英語が苦手な人でも大丈夫です。
砂浜に常駐しているライフガード

砂浜に常駐しているライフガード

ホノルル・ポリス・ステーション

ホノルル・ポリス・ステーション

ビーチに持っていくスナックは・・・

ビーチ添いの道路に屋台がでていてホットドッグやBBQなど買える場所もありますが、ハワイでは日本の海のように「海の家」的なお店はありません。なので、できれば事前に食べるものを買ってからビーチに行きたいものです。海で食べると、何でも美味しいですしね。ということで、ABCストアなどでスパムにぎりやサンドイッチなど手頃なものを購入してからビーチに行きましょう。お水も忘れないでくださいね!
サンドイッチやスパムむすびなどがおすすめ

サンドイッチやスパムむすびなどがおすすめ

手頃にスナックが買えるABCストア

手頃にスナックが買えるABCストア

ちなみに、ハワイではビーチでのお酒類は禁止です。たまに砂浜でこっそりビールを飲んでいる人を見かけますが、警察に見つかったら怒られますので要注意!どうしてもビーチでお酒を飲みたい人は、海辺のレストランのバーで飲みましょう。

楽しい思い出を作ってくださいね!

さてさて、みなさん、ビーチに行く準備はできましたか?せっかく行く楽しい海ですから、準備万端にして出かけましょう。日本に帰ればまた忙しい毎日が待っているんですから、ハワイの海ではせめてゆっくり過ごしてくださいね。

以上、ハワイナビでした。 アロハ~♪


関連タグ:ビーチ海水浴

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-12-29

ページTOPへ▲

関連記事

新たなオアフ島を発見!自然豊かな西オアフのビーチ巡り

新たなオアフ島を発見!自然豊かな西オアフのビーチ巡り

あまり知られていない西オアフのローカルなビーチを訪れてみます。

その他の記事を見る