スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ハワイビギナーのための観光スポットBEST5

オアフ島の定番観光スポットをご紹介しましょう。

アロハ~。ハワイのディープな情報をお届けするハワイナビですが、今回は初心に帰って?オアフ島の定番観光スポットをご紹介しましょう。ハワイビギナーなら、まずは押さえておきたい場所ばかりですヨ。
.

○ワイキキ・ビーチ Waikiki Beach○

ハワイに来たのなら、ココを見なくてはお話になりません!たぶん、世界で最も有名なビーチリゾートです。青い空と白い雲の下で揺れる椰子の木、各国から集まった観光客のにぎわい、そして、海越しのダイアモンド・ヘッドを目にしたら、脳内BGMのスイッチは、エルビス・プレスリーの「ブルーハワイ」にオン!「あ~、ハワイに来たんだな~」と、実感できる瞬間です。
<ダイアモンド・ヘッドを眺めながらの海水浴・・・いかにもハワイです>

<ダイアモンド・ヘッドを眺めながらの海水浴・・・いかにもハワイです>

<ビーチのあとは、カラカウア・アベニューをそぞろ歩きも楽しいもの>
<ビーチのあとは、カラカウア・アベニューをそぞろ歩きも楽しいもの>
<ビーチのあとは、カラカウア・アベニューをそぞろ歩きも楽しいもの>

<ビーチのあとは、カラカウア・アベニューをそぞろ歩きも楽しいもの>

○アラモアナ・センター Ala Moana Center○

ワイキキからもほど近いアラモアナ・(ショッピング)センターは、店舗数約300という、世界最大規模のオープンエアのショッピングモールです。一流デザイナーズブランドや高級百貨店から、庶民派デパートやキオスクスタイルの小さなショップまで。お買い物のチョイスは膨大で、広範囲。初めて訪れる場合は、あらかじめ行きたいお店をチェックしておかないと、とても1日では回り切れません。
<リゾート地のショッピングモールらしいオープンエアスタイル> <リゾート地のショッピングモールらしいオープンエアスタイル>
<リゾート地のショッピングモールらしいオープンエアスタイル> <リゾート地のショッピングモールらしいオープンエアスタイル>

<リゾート地のショッピングモールらしいオープンエアスタイル>

<フードコートから、カジュアル・高級レストランまで、ダイニングの選択も豊富です> <フードコートから、カジュアル・高級レストランまで、ダイニングの選択も豊富です>

<フードコートから、カジュアル・高級レストランまで、ダイニングの選択も豊富です>

○ワード・センターズ Ward Centers○

アラモアナ・センターから1ブロック。ダウンタウン方向へ15分ほど歩いた場所にあるのが、ワード・センターズ。アラモアナ・ブールバードより1本山側のアウアヒ・ストリート沿いに5つのショッピングセンターが集まっています。地元経営の店舗も多く、アラモアナ・センターよりもローカルらしい、くだけた雰囲気が特徴で、125のお店、22のレストラン、そして16のスクリーンを配したシネマコンプレックスが揃います。
<右手がワード・センター(Ward Center)。レストランやアートギャラリー、大型書店チェーン「ボーダーズ」などが入っています> <右手がワード・センター(Ward Center)。レストランやアートギャラリー、大型書店チェーン「ボーダーズ」などが入っています>

<右手がワード・センター(Ward Center)。レストランやアートギャラリー、大型書店チェーン「ボーダーズ」などが入っています>

<倉庫みたいなジミ~な外観のワード・ウェアハウス(Ward Warehouse)。個性的なローカルショップが多いんですよ。店舗の裏は、海> <倉庫みたいなジミ~な外観のワード・ウェアハウス(Ward Warehouse)。個性的なローカルショップが多いんですよ。店舗の裏は、海> <倉庫みたいなジミ~な外観のワード・ウェアハウス(Ward Warehouse)。個性的なローカルショップが多いんですよ。店舗の裏は、海>

<倉庫みたいなジミ~な外観のワード・ウェアハウス(Ward Warehouse)。個性的なローカルショップが多いんですよ。店舗の裏は、海>

<シネマコンプレックスは、いつもローカルの観客でにぎわっています>

<シネマコンプレックスは、いつもローカルの観客でにぎわっています>

<高級デパート「ノードストローム」のアウトレット店は、おしゃれと価格に敏感なローカルガールに大人気>\n

<高級デパート「ノードストローム」のアウトレット店は、おしゃれと価格に敏感なローカルガールに大人気>\n

<ローカルの味覚が揃うワード・ファーマーズ・マーケット(Ward Farmers Market)>

<ローカルの味覚が揃うワード・ファーマーズ・マーケット(Ward Farmers Market)>

<ワード・ゲートウェイ・センター(Ward Gateway Center)にある、新装オープンしたばかりの「スポーツオーソリティー」>

<ワード・ゲートウェイ・センター(Ward Gateway Center)にある、新装オープンしたばかりの「スポーツオーソリティー」>

○ダウンタウン Downtown○

ダウンタウンは、ハワイ州およびホノルル市郡の政治・ビジネスの中心地。数ブロックの間に、カメハメハ大王像、イオラニ宮殿といった観光スポットや、ハワイ州政府庁ほかの官公庁、大中小企業のビルやオフィス、そしてチャイナタウンが集まっています。少~し歩くと、見どころの多いエリアです。リゾートだけはでない、ハワイの一面が見られます。
<観光スポットが目白押しです> <観光スポットが目白押しです>
<観光スポットが目白押しです> <観光スポットが目白押しです>

<観光スポットが目白押しです>

<少し足を延ばせばチャイナタウン。散策は午後早めの時間までがオススメ> <少し足を延ばせばチャイナタウン。散策は午後早めの時間までがオススメ>
<少し足を延ばせばチャイナタウン。散策は午後早めの時間までがオススメ> <少し足を延ばせばチャイナタウン。散策は午後早めの時間までがオススメ>

<少し足を延ばせばチャイナタウン。散策は午後早めの時間までがオススメ>

○アロハ・タワー・マーケットプレイス Aloha Tower Market Place○

豪華客船でハワイを訪れた、古き良き時代の旅行者たちが降り立ったのが、アロハ・タワー。その真下に広がるオーシャンフロントのショッピングモールが、アロハ・タワー・マーケットプレイスです。アラモアナ・センターやワード・センターズのように、店舗やレストランの数は多くありませんが、オープンエアの環境で、埠頭を渡る風を感じながらのショッピングやダイニングはオツなもの。停泊中の客船や貨物船、海を行き交う船舶を眺めれば、しっとりとした旅情が味わえます。
<観光客向けの品揃えのショップが多めです> <観光客向けの品揃えのショップが多めです>
<観光客向けの品揃えのショップが多めです> <観光客向けの品揃えのショップが多めです>

<観光客向けの品揃えのショップが多めです>

<海を眺めながら・・・一杯いきますか!> <海を眺めながら・・・一杯いきますか!>

<海を眺めながら・・・一杯いきますか!>

<停泊中の外国船に乗船できることもあります> <停泊中の外国船に乗船できることもあります>
<停泊中の外国船に乗船できることもあります> <停泊中の外国船に乗船できることもあります>

<停泊中の外国船に乗船できることもあります>


それでは良い旅を。Bon Voyage!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2009-12-28

ページTOPへ▲

その他の記事を見る