スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ショッピング 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


ワード・センター

Ward Centre

閉店・移転、情報の修正などの報告

ワード・センターズの中の一角を占めるショッピングセンター。個性的なリテールショップやレストランが揃っています。

ワード・センターには、アウアヒ・ストリート沿いの建物とアラモアナ・ブールバード沿いの建物があります。こちらは正面入口があるアウアヒ・ストリート側。1階より上の部分はパーキングです。

ワード・センターには、アウアヒ・ストリート沿いの建物とアラモアナ・ブールバード沿いの建物があります。こちらは正面入口があるアウアヒ・ストリート側。1階より上の部分はパーキングです。

こんにちは! ハワイナビです。
今回ご紹介するのはアラモアナ・センターからも徒歩圏内の一大ショッピングゾーンにある「ワード・センターズ」の一角、「ワード・センター」です!

外側から見てみましょう

右のパープル部分がワード・センター。

右のパープル部分がワード・センター。

ワード・センターズにワード・センター!? ちょっとまぎらわしいですよネ。
ワード・センターズ(Ward Centers)は、ワード地区にある5つのショッピングモールとそのエリアの総称。
ワード・センター(Ward Centre)は、ワード・センターズの中にある半屋内型ショッピングモールです。アラモアナ・センターからは、西(ダウンタウン方面)へ1ブロック離れただけの徒歩圏内。アラモアナ・センターの端からワード・センターの端まで、最短距離で徒歩10分ほどです。
ほかにも出入口はありますが、正面入口はアウアヒ・ストリート(Auahi St)とカマケエ・ストリート(Kamakee St)の交差点海側です。交差点に面していて、ここからは「マーティン&マッカーサー」と「カカアコ・キッチン」が見えます。
「マーティン&マッカーサー」はハワイ産のコアウッド(コアの木)で作る数々の小物や、ハワイ独特のギフトを多く取り扱うお店。本のしおりなどお手軽ギフトから、美術館レベルの工芸品や家具まで、コア製の逸品が手に入ります。「カカアコ・キッチン」はパシフィックリム風をプレートランチで気軽に楽しめる老舗店、ワード地区の人気レストランです。
アウアヒ・ストリートとカマケエ・ストリートの海側交差点。

アウアヒ・ストリートとカマケエ・ストリートの海側交差点。

ワード・センターの屋内へ入るには、「マーティン&マッカーサー」と・・・

ワード・センターの屋内へ入るには、「マーティン&マッカーサー」と・・・

「カカアコ・キッチン」の前を通って。

「カカアコ・キッチン」の前を通って。

「カカアコ・キッチン」の左側、パーキングへの入口をはさんだ反対側には「クア・アイナ・サンドイッチ」ほかのお店が。

「カカアコ・キッチン」の左側、パーキングへの入口をはさんだ反対側には「クア・アイナ・サンドイッチ」ほかのお店が。

アラモアナ・ブールバード側から見たワード・センター。エントランスはアウアヒ・ストリート側です。 アラモアナ・ブールバード側から見たワード・センター。エントランスはアウアヒ・ストリート側です。 アラモアナ・ブールバード側から見たワード・センター。エントランスはアウアヒ・ストリート側です。

アラモアナ・ブールバード側から見たワード・センター。エントランスはアウアヒ・ストリート側です。

中へ入ってみましょう

こーんな感じのこじんまりとした入口。

こーんな感じのこじんまりとした入口。

アウアヒ・ストリートから少し中へ入ったレイアウトになっている、半屋内型の建物(アラモアナ・ブールバード側)へ入ってみましょう。実はこちらが昔からあるオリジナルのワード・センター。「アグ・ラーメン。レストラン」健康的なスムージーやオーガニックフードの「パイア・カフェ」や「クレイジーシャツ・ファクトリーアウトレット」が入っているアウアヒ・ストリート側の建物は、2000年代になってからオープンしました。
左手の奥はパーキングビル。セルフかバレーで停められます。

左手の奥はパーキングビル。セルフかバレーで停められます。

ショッピングモールのエントランスにしては、ずいぶん可愛らしいドア。

ショッピングモールのエントランスにしては、ずいぶん可愛らしいドア。

ショッピングの合間、ひと息つくのに最適。

ショッピングの合間、ひと息つくのに最適。

うーん、ココは冷房が効いていて涼し~♪(夏の間は。冬はちょっぴり寒いデス)
エントランスを入ると、そこはいきなり「モカ・ジャバ・カフェ」。ヘルシー系のメニューが豊富でファンも多く、コーヒーメニューだけでなく、ペストリーやサンドイッチ、アサイボウルやスムージー、クレープなんかもいただけます。出来た当時からある老舗です。
アサイ・ボウルに・・・

アサイ・ボウルに・・・

スープ&ブレッド、

スープ&ブレッド、

バナナ&クリームクレープ♪

バナナ&クリームクレープ♪

店内から甘~い香りが。

店内から甘~い香りが。

「モカ・ジャバ・カフェ」の向かいにあるのは、「ホノルル・チョコレート・カンパニー」。美味しいだけでなく見た目もオシャレなグルメ系チョコレート専門店。ローカル産の新鮮なバターと生クリームを使用したオリジナルチョコレートは、早朝、店内奥の厨房で少量だけ作られています。量り売りのチョコレートは1粒からでも購入できますので、ショッピングで疲れた身体に甘いひと口、エネルギー補給もイイかもしれませんね。買う田ムオーダーも受け付けているので、ローカルの人たちはウェディングのフェイバー(ゲストのテーブルの上に一つずつ並べておくゲストのお土産)にもここのものを使ったりします。もちろん日本へのお土産にも。
最上の材料&オリジナルレシピで作られるハンドメイドチョコレート。

最上の材料&オリジナルレシピで作られるハンドメイドチョコレート。

美しいディスプレイを見るのも楽しみ。

美しいディスプレイを見るのも楽しみ。

いつだってセール価格が嬉しい全米チェーンのシューズショップ。

いつだってセール価格が嬉しい全米チェーンのシューズショップ。

お隣には家族全員の靴が揃う「フェイマス・フットウェア」。ナイキやスケッチャーズなど、日本でも人気のアメリカンブランドのメンズ・レディース・キッズ用シューズが、いつでもセール価格で手に入る嬉しいお店。
「フェイマス・フットウェア」があるのは、建物内の一番西側、ダウンタウン寄り。ここから東側、ワイキキ寄りに館内を散策しましょう。
歩いていくと・・・

歩いていくと・・・

「ザ・ギャラリー・アット・ワード・センター」は、アーティストが協同で運営するギャラリー。店番をしているのもアーティストの皆さん。

「ザ・ギャラリー・アット・ワード・センター」は、アーティストが協同で運営するギャラリー。店番をしているのもアーティストの皆さん。

「ビルケンストック・フットプリンツ」は足の健康を考えたドイツのサンダル&靴メーカーの正規代理店。

「ビルケンストック・フットプリンツ」は足の健康を考えたドイツのサンダル&靴メーカーの正規代理店。

さらに進むと・・・

さらに進むと・・・

ユニバーシティー・オブ・ハワイのロゴグッズ専門店、Hゾーン

ユニバーシティー・オブ・ハワイのロゴグッズ専門店、Hゾーン

ロコに「UH」として親しまれているハワイ大学オフィシャルグッズショップ、「Hゾーン」。「UH」ユーエイチは、University of Hawaiiの略です。
お土産にピッタリのロゴグッズが手に入ります。 お土産にピッタリのロゴグッズが手に入ります。 お土産にピッタリのロゴグッズが手に入ります。

お土産にピッタリのロゴグッズが手に入ります。

レディースだけでなく、メンズもあります。

レディースだけでなく、メンズもあります。

ハワイを始めとする太平洋の島々のタパなどをモチーフに、バティック(ろうけつ染めの布地)で作られたファッションがステキな「ノアノア」。
独特の風合いを持つバティックファッション。 独特の風合いを持つバティックファッション。

独特の風合いを持つバティックファッション。

日本語スタッフがいるときも。

日本語スタッフがいるときも。

日本のファッション誌のハワイ特集で紹介されることも多い「ミスフォーチュン・ハワイ」は、LAを中心に買い付けされるアパレル&アクセサリーのセレクトショップ。いまどきのセンスが比較的お手頃価格で手に入ると、オシャレなローカルガールに人気があります。
思わず手に取りたくなるオシャレな商品が。 思わず手に取りたくなるオシャレな商品が。

思わず手に取りたくなるオシャレな商品が。

さらに進んでみましょう

いきなり自動ドアがあり、ここでいったん外へ出るレイアウトになっています。
自動ドアを出て・・・

自動ドアを出て・・・

ちょっと高級なアイディア商品の全米チェーン店「ブルックストーン」。

ちょっと高級なアイディア商品の全米チェーン店「ブルックストーン」。

ロコに大人気の回転寿司「元気寿司」。

ロコに大人気の回転寿司「元気寿司」。

その先には「ジャムズ・ワールド」。

その先には「ジャムズ・ワールド」。

ひと目で「ジャムズ・ワールド」とわかる独特のプリント。

ひと目で「ジャムズ・ワールド」とわかる独特のプリント。

「ジャムズ・ワールド」は、太陽の日差しに負けないカラフルなプリントが特徴のオーストラリア発祥のファッションブランド。日本で着るにはちょっぴり(?)派手かもしれませんが、南国ハワイでは昼間でも夜でもとっても映えます。
特にワンピースはローカル女性に人気があります。 特にワンピースはローカル女性に人気があります。

特にワンピースはローカル女性に人気があります。

メンズやキッズもあるので、ファミリーでおそろいも可能。 メンズやキッズもあるので、ファミリーでおそろいも可能。

メンズやキッズもあるので、ファミリーでおそろいも可能。

もう一度、自動ドアを通ると・・・

もう一度、自動ドアを通ると・・・

「ジェフ・チェン・ポタリー&ファイン・クラフト」

「ジェフ・チェン・ポタリー&ファイン・クラフト」

2011年で23周年を迎えたワード・センターの人気店。

2011年で23周年を迎えたワード・センターの人気店。

スピリチュアル関連グッズ販売のほかに、サイキックリーディングを行う人気店「セドナ」。日本語通訳付のリーディングも可能です。「予約は最低でも1週間前に入れたほうがよいですよ」と、日本語スタッフの方からのアドバイスが。
瞑想用キャンドルや、ヒーリングミュージックのCD、パワーストーンなど、心落ち着くアイテムが。 瞑想用キャンドルや、ヒーリングミュージックのCD、パワーストーンなど、心落ち着くアイテムが。 瞑想用キャンドルや、ヒーリングミュージックのCD、パワーストーンなど、心落ち着くアイテムが。

瞑想用キャンドルや、ヒーリングミュージックのCD、パワーストーンなど、心落ち着くアイテムが。

その先には・・・

その先には・・・

ランチやディナーどきには列の出来る「ごま亭ラーメン」。

ランチやディナーどきには列の出来る「ごま亭ラーメン」。

世界中から集められたキュートなファッション&生活雑貨のお店「レッド・パイナップル」は、ガイドブックにも掲載多数。見ているだけでハッピーになれそうな、アクセサリーからステーショナリー、キッチン用品やベビーグッズが、床から天井近くまでぎっしり詰まっています。
買い付けはアメリカやヨーロッパ各地、そして地元ハワイから。 買い付けはアメリカやヨーロッパ各地、そして地元ハワイから。

買い付けはアメリカやヨーロッパ各地、そして地元ハワイから。

見ているだけで眼福~♪ なアイテムの数々。 見ているだけで眼福~♪ なアイテムの数々。

見ているだけで眼福~♪ なアイテムの数々。

何時間も粘れるベッド・バス&ビヨンド

何時間も粘れるベッド・バス&ビヨンド

廊下の一番奥にあるのは「ベッド・バス&ビヨンド」 という’読んで字のごとくベッド、バス用品、主に小物類を豊富にそろえた雑貨店です。店内はこれでもか~!というほどの数の商品が所狭しと並んでいます。日本に売っていないようなものを探しつつ、入ったら数時間は物色してしまいそうな人気のお店です。
しーん、とした2階。ワード・センターの老舗カジュアルレストラン「ライアンズ・グリル」はあいかわらず人気がありますが。 しーん、とした2階。ワード・センターの老舗カジュアルレストラン「ライアンズ・グリル」はあいかわらず人気がありますが。 しーん、とした2階。ワード・センターの老舗カジュアルレストラン「ライアンズ・グリル」はあいかわらず人気がありますが。

しーん、とした2階。ワード・センターの老舗カジュアルレストラン「ライアンズ・グリル」はあいかわらず人気がありますが。

外に戻りましょう

「タンゴ・マーケット」が見えます。

「タンゴ・マーケット」が見えます。

入ったのとは反対側から外へ出ると、心地良さそうなテーブルが見えてきます。「タンゴ・マーケット」は、コーヒーメニューやスイーツのほかに、朝食から夕食まで食事もいただけるオープンテラス席もある穴場的カフェ。2010、2011年度に地元のハイソサエティーを対象にした情報誌「ホノルル・マガジン」のレストラン賞を受賞した人気レストラン「タンゴ・カフェ」の姉妹店だから、お味は保証付きです。
今後も新しい店舗のオープンが楽しみ。

今後も新しい店舗のオープンが楽しみ。

いかがでしたか? 規模の大きなショッピングモールではありませんが、バラエティに富んだ個性的なお店が入っているから、なかなか見応えがありますよネ。すべてのお店はご紹介し切れませんでしたので、全店舗につきましては、ワード・センターズの公式ウェブサイトをご参照くださいね。

最後にパーキングのご案内を。実はワード・センターのパーキングは、ホノルルに数あるパーキングビルの中でも1、2を争う狭さと評するロコが多いんです(タワー駐車場の入り口の特に天井が’低い、ナビも昔車の上をこすった苦い経験が、、、)。その代わり、ワードセンターズで唯一、バレーパーキングのサービスがあります。狎れないレンタカーを駐車する手間が面倒なときは、バレーパーキングを利用するのもイイかもしれませんね。
駐車スペースが狭めだし・・・

駐車スペースが狭めだし・・・

ラクをして・・・

ラクをして・・・

バレーパーキングを利用してみても。

バレーパーキングを利用してみても。

以上、ハワイナビでした!
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2016-02-01

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2016-02-01

スポット更新日:2011-09-13

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ワード・センターズを攻略せよ!!

ワード・センターズを攻略せよ!!

生まれ変わって心機一転!いくつものモールが集合しているから慣れるまでわかりにくい、ワード・センターズを詳しくご紹介!

ワード・センター

ワード・センター

ワード・センターズの中の一角を占めるショッピングセンター。個性的なリテールショップやレストランが揃っています。

タンゴ・マーケット

タンゴ・マーケット

人気レストランの姉妹店だから、食事メニューのお味は保証付き。イートイン&テイクアウトで使える人気カフェ。

ジャムズ・ワールド ワード・センター店

ジャムズ・ワールド ワード・センター店

ハワイの太陽の下で映えるカラフルなプリント柄が楽しい!人気ローカルファッションブランドのワード・センター店。

ビルケンシュトック・フットプリンツ

ビルケンシュトック・フットプリンツ

履き心地と足の健康にこだわった靴とサンダルをお探しならコチラへ!

ワード・ビレッジ (旧名 ワード・センターズ)

ワード・ビレッジ (旧名 ワード・センターズ)

ワード・センターやワード・ウェアハウスほか、ワード地区に集合する個性的なショッピングモールとそのエリアの総称です。

ネイティブ・ブックス / ナ・メア・ハワイ

ネイティブ・ブックス / ナ・メア・ハワイ

メイド・イン・ハワイをお探しの方は迷わずこちらへ。本物のハワイが手に入ります。

ミスフォーチュン・ハワイ

ミスフォーチュン・ハワイ

ワードセンターにあるオシャレなセレクトショップ。

ワードセンターズでお買い物からお食事、映画までいろいろ楽しむ!

ワードセンターズでお買い物からお食事、映画までいろいろ楽しむ!

ツアーリストにはもちろん、ロコの若者に大人気のアミューズメントショッピングセンター!

ワード・ウェアハウス

ワード・ウェアハウス

ワード・センターの中心になっているショッピングエリア。

ワード・ビレッジ・ショップス

ワード・ビレッジ・ショップス

オフプライスチェーン「T.J. マックス」のオープンで活気づいた、ワード・センターズの一角です。

ワード・ゲートウェイセンター

ワード・ゲートウェイセンター

ワード・アベニュー沿いのショッピングエリア。「スポーツオーソリティ」や「ロス・ドレス・フォー・レス」が人気です。

【閉店】 ワード・ファーマーズ・マーケット

【閉店】 ワード・ファーマーズ・マーケット

ハワイで日本が恋しくなったら、、日本の食べ物や雑貨などが手に入る!

ワード・エンターテイメントセンター

ワード・エンターテイメントセンター

大型シネマコンプレックスや、大人のためのゲームセンターほか、リテールショップやレストランも充実の複合施設。

ホノルル・チョコレート・カンパニー

ホノルル・チョコレート・カンパニー

ハンドメイドの上質な甘さにファンも多い、オリジナル&セレクトチョコレート専門店です。

レッド・パイナップル

レッド・パイナップル

世界中から集められたキュートな商品でいっぱいの店内は、有名ファッション誌に掲載多数!

セドナ

セドナ

日本の有名人も通う本格スピリチュアルショップ。