スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

エンタメ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • わいわい広場


メリー・モナーク・フェスティバル

Merrie Monarch Festival

閉店・移転、情報の修正などの報告

ハワイ島ヒロの町で毎年4月に開催される世界最大のフラの祭典および最高峰の競技大会。

3日間にわたる競技大会は地元テレビ局で生中継されます。

3日間にわたる競技大会は地元テレビ局で生中継されます。

アロハ~、ハワイナビです。
フラをなさっている方ならもちろん、ちょっとしたハワイ通の方ならおそらくご存知の、メリー・モナーク・フェスティバル(Merrie Monarch Festival)。
キリスト教宣教師団によって禁止されたフラなど、ハワイ文化の復興に尽力したハワイ王朝7代目の君主、カラカウア王のニックネーム「メリー・モナーク(陽気な君主)」を冠した、世界最大のフラの祭典であり、競技大会です。
フェスティバル側から招待された一流のフラ・ハラウ(フラ・スクール)だけが出場を許され、大会で披露される各ハラウの見事なフラは、まさに眼福。大会の模様は地元テレビ局でハワイ全島にテレビとインターネットでライブ中継されます。
フラ・ファンなら見逃せません。ただしまーったく興味のないロコも決して少なくないんです。

フラ・ファンなら見逃せません。ただしまーったく興味のないロコも決して少なくないんです。

テレビやネットのほか、競技大会の模様は後日DVD販売されます。(写真は図書館から借りてきたDVD)

テレビやネットのほか、競技大会の模様は後日DVD販売されます。(写真は図書館から借りてきたDVD)

その成り立ち

ワイキキにあるカラカウア王像。

ワイキキにあるカラカウア王像。

第1回のメリー・モナーク・フェスティバルが開催されたのは1964年。1960年の津波被害(61名が死亡、540家屋が倒壊)や経済衰退に苦慮するハワイ島東部のダウンタウン、ヒロの町の町おこしとして始まりました。当時のフェスティバルの内容はといえば、カラカウア王戴冠式、カラカウア王の髭そっくりさんコンテスト、バーバーショップカルテット(男声四重唱)・コンテスト、リレー競走など、現在の「フラの祭典」とはまったくかけ離れた町のお祭りでした。そして数年後にはフェスティバルの存続が危ぶまれる事態に。
フラとは関係のないフェスティバルとしてスタートしました。

フラとは関係のないフェスティバルとしてスタートしました。

メリー・モナーク・フェスティバルがフラ・コンテストとして新たなスタートを切ったのは1971年。フラの大会としてのメリー・モナーク・フェスティバル創設者として知られるアンティ・ドッティ・トンプソンの尽力と、ハワイ・フラ界の伝説的クムフラ、アンクル・ジョージ・ナオペの協力により実現しました。1971年には9つの女性フラ・ハラウが出場するだけだったフェスティバルは、1976年、男性フラ・ハラウにも門戸が開かれ、やがてハワイ最大(ということは世界最大)のフラ大会へと成長。2012年にはハワイとアメリカ本土から全23組が出場予定となっています。

フェスティバル中のイベント

ハワイ島で見られるオヒアレフアの花。

ハワイ島で見られるオヒアレフアの花。

メリー・モナーク・フェスティバルは一週間にわたって様々な関連イベントが催されるフラのお祭り。といっても、「メリー・モナーク・フェスティバル」といえば、たいていの場合、期間中最後の3日間に行われる競技大会を意味します。

例として2012年のフェスティバル期間中のイベントスケジュールをご紹介しましょう。
4月8日(日)ホオラウレア(オープニングイベント)
9:00 - シビック・オーデトリアムで地元ハラウによるフラなど(入場無料)
4月9日(月)-13日(金)無料エンターテイメント
12:00 ハワイ・ナニロア・ボルケーノ・リゾートでフラ、ハワイアンミュージックなど
13:00 ヒロ・ハワイアン・ホテルでフラ、ハワイアンミュージックなど
4月11日(水)-14日(土)ハワイアンアート&クラフト・フェア(入場無料)
8:30 – 17:00 シビック・オーデトリアムで(14日のみ8:30 – 16:30)
4月11日(水)ホイケ・ナイト(前夜祭)
18:00 - イーディス・カナカオレ・スタジアムでフラをはじめ、各国のダンス、ハワイアンミュージックなど(入場無料・早い者順)
4月12日(木)-14日(土)18:00 - イーディス・カナカオレ・スタジアムで競技大会および表彰式
○12日(木)ミス・アロハフラ部門(カヒコ / アウワナ / オリ*)*チャント、詠唱
○13日(金)グループ部門カヒコ(古典フラ)
○14日(土)グループ部門アウアナ(モダンフラ)
4月14日(土)メリー・モナーク・ロイヤル・パレード
10:30- ヒロの町のダウンタウンを彩る華やかなハワイアン・パレード

前もってのチケット購入が必要となるのは3日間の競技大会のみです。
また、チケット不要のホイケ・ナイトは、競技大会と同じ会場で、大会参加ハラウによるフラが披露されるため、会場のエディス・カナカオレ・スタジアム前にはお昼頃から長蛇の列が出来ます。早い者順で座席は自由。入場規制がかかることがありますが、人気の地元ハラウの出番が終わると、一気に観客が減ることがあるので、しばらく待っていれば入れる可能性があります。

シビック・オーデトリアム(ホオラウレア、ハワイアンアート&クラフト・フェア会場)
Afook Chinen Civic Auditorium
323 Manono Street
Hilo, HI 96720

イーディス・カナカオレ・スタジアム(ホイケ・ナイト、競技大会会場)
Edith Kanakaole Stadium
350 Kalanikoa Street
Hilo, HI 96720
.

チケットの入手

公式ウェブサイトから申し込みフォームをダウンロード。

公式ウェブサイトから申し込みフォームをダウンロード。

なにごともオンラインで申し込める昨今ですが、メリー・モナーク・フェスティバル競技大会のチケットに関しては、2012年現在、郵送による申し込みオンリー。日本からチケットを入手するには難易度が高くなっています。
<申し込み方法>
1) メリー・モナーク・フェスティバル公式ウェブサイトから申し込みフォーム(Ticket Request Form)をダウンロード。
2) チケット申し込みは1名につき2枚まで(3日間通しチケットあり)。
3) チケットの支払い方法は、アメリカドルのキャッシャーズチェックかマネーオーダー*のみ。
*ゆうちょ銀行・国際送金取扱郵便局で申し込み可能。
4)以下を同封の上、申し込み受付開始日か開始日以降の消印でフェスティバル事務局へ郵送。
○返信用切手(アメリカの切手)を貼り、住所を記入した返信用封筒
○チケット代金金額のキャッシャーズチェックかマネーオーダー
○申し込みフォーム

郵送先(メリー・モナーク・フェスティバル事務局)
Merrie Monarch Festival
865 Piilani St
Hilo, HI 96720 U.S.A.

例年、12月26日がチケット申し込み受付開始日になっていますが、2011年は12月26日が日曜日だったため、翌月曜日27日でした。

5)申し込み受付開始日より前の消印がある封筒は受け取り不可。そのまま返送されます。
6)チケットは抽選。抽選に外れた場合はキャッシャーズチェックもしくはマネーオーダーがそのまま返送されます。
7)希望以外の座席になった場合、チケットと、代金の差額が返送されます。
フェスティバルのスポンサー、ハワイアン航空。

フェスティバルのスポンサー、ハワイアン航空。

2012年度のチケット料金は以下の通り。
3日間通し指定席――座席によって30ドル / 25ドル
金・土2日間通し指定席――20ドル
木1日限り自由席――5ドル
金・土2日間通し自由席――15ドル

航空券や宿泊先

カイルアコナ(写真)からヒロまでのドライブは、所要時間約2時間半から3時間!

カイルアコナ(写真)からヒロまでのドライブは、所要時間約2時間半から3時間!

フェスティバル期間、開催地であるハワイ島東部の町、ヒロのホテルは満室。出場ハラウですら周辺で宿泊先を押さえられず、島の反対側、カイルアコナ周辺へ泊まり、毎日ヒロまでドライブせざるを得ないケースもあるとか。出遅れると、レンタカーを予約するのも一苦労。そもそも開催期間は、ホノルルからヒロへ向かうフライトの航空券すら、なかなか手に入らないといわれます。個人で日本からチケットを入手し、さらに現地での手配を行うには、行動力と多少の英語力が必要のようです。
お金は余分に払ってもいいから、とにかくメリー・モナーク・フェスティバルを観戦したい~! という場合には、日本の各旅行社から出ている「メリー・モナーク観戦ツアー」を利用してしまうのが圧倒的にカンタンです。
全米最大手大型書店「バーンズ&ノーブル」のDVD&ブルーレイ売り場には・・・

全米最大手大型書店「バーンズ&ノーブル」のDVD&ブルーレイ売り場には・・・

ハワイセクションが。メリー・モナークのDVDもあります。ただし日本とはリージョンコードが違いますが・・・。

ハワイセクションが。メリー・モナークのDVDもあります。ただし日本とはリージョンコードが違いますが・・・。


フラにのめりこむほどに、どうしても一度は観戦したくなるメリー・モナーク・フェスティバル。皆さんに観戦の機会が訪れますように!
以上、ハワイナビでした。

記事登録日:2012-04-02

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-03-26

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

キング・カメハメハ・フラ・コンペティション

キング・カメハメハ・フラ・コンペティション

オアフ島で開催されるフラ・コンペティションとしては最大級の伝統あるフラ競技大会です。