閉店・移転、情報の修正などの報告

「全米で最も美しいビーチ」に選ばれるなど、各種メディアのベストビーチ・ランキングに常に登場する、その名の通り天国のようなビーチ。

まさに息を呑むほどの美しさ!ターコイズブルーの海と、白い砂! 砂も美しいところがポイントです。

まさに息を呑むほどの美しさ!ターコイズブルーの海と、白い砂! 砂も美しいところがポイントです。

身体も心も癒されそうな、幸せビーチ。

身体も心も癒されそうな、幸せビーチ。

アロハ~! ハワイナビです。
今日は皆さんを、オアフ島南東部に位置するカイルア~ラニカイ地区の、「天国の海」へご案内します♪
ワイキキのあるホノルル市内からパリ・ハイウェイを通って山を越えると、そこはウィンドワード地区。雄大なコオラウ山脈と、カネオヘ・ベイや、カイルア・ビーチ、ワイマナロ・ビーチなど、風光明媚なビーチにはさまれたエリアです。中でも美しいのが、ラニカイ・ビーチ。
ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海のこと。モクルア島を背景にしたターコイズブルーの海とシュガーパウダーのように白く柔らかな砂の組み合わせは、まさに、天国ビーチです。
見てください、この白い砂を。

見てください、この白い砂を。

見てください、この景色を。

見てください、この景色を。

「ラニカイ・ビーチ」のご紹介♪

ビーチの後ろはすぐに一般の住宅。

ビーチの後ろはすぐに一般の住宅。

海辺の高級住宅街にあるラニカイ・ビーチは、公共のビーチですが、整備された「ビーチパーク」ではありません。なので、トイレやシャワーの施設はなく、ライフガードもいません。駐車場の設備もないため、車は住宅街の中のストリートパーキング(路上駐車)。ビーチへ出るには、住宅と住宅の間のビーチ通路(公道)を通り抜けることになります。
「NO PARKING(駐車禁止)」サインに気をつけて! ときどきポリスが取り締まってます。

「NO PARKING(駐車禁止)」サインに気をつけて! ときどきポリスが取り締まってます。

ヨソのお宅のすぐ横を通ってビーチへ。

ヨソのお宅のすぐ横を通ってビーチへ。

設備の整ったカイルア・ビーチパーク。

設備の整ったカイルア・ビーチパーク。

カイルア・ビーチとラニカイ・ビーチは隣接しています。カイルア・ビーチもまた、全米ベストビーチ・ランキングの常連。こちらは「ビーチパーク」として管理されているので、トイレやシャワー、更衣室、スナックスタンド、駐車場完備で、ライフガードも常駐。オーシャンスポーツのレンタルもあります。
カイルア・ビーチからラニカイ・ビーチまでの道路。

カイルア・ビーチからラニカイ・ビーチまでの道路。

カイルア・ビーチからラニカイ・ビーチまでは徒歩で15分から25分ほど。(どちらのビーチも距離が長いので、どこからどこまで歩くかで異なります)徒歩圏内ということで、車は便利なカイルア・ビーチパークの駐車場へ停め、ラニカイ・ビーチまで歩いていく旅行者の皆さんも多いようです。

それではラニカイ・ビーチまで行ってみましょう!
ここでちょっとラニカイ・ビーチ(Lanikai Beach)の地図をお目にかけます。
「ココ」と矢印がある周辺がラニカイ・ビーチです。モクルア・ドライブ(Mokulua Dr)から、ビーチフロントに立ち並ぶ(高級)住宅の合間にあるビーチ通路を入り、ビーチまで出ます。
左上には、カイルア・ビーチパーク(Kailua Beach Park)が見えます。カイルア・ビーチからラニカイ・ビーチまではビーチが途切れていますので、砂浜沿いに歩いて行くことは出来ません。
カイルア・ビーチ・パークから海沿いの道路を進み、ラニカイ地区へ入ったところで道路が二叉(ふたまた)に分かれます。いずれも一方通行道路ですので、徒歩の場合は海側のモクルア・ドライブを進めますが、車の場合は山側のアアラパパ・ドライブ(Aalapapa Dr)へ入り、途中の道で左折することになります。
ラニカイ地区に入るとすぐ道路が二叉(ふたまた)に。

ラニカイ地区に入るとすぐ道路が二叉(ふたまた)に。

車両は右側(山側)のアアラパパ・ドライブへ。

車両は右側(山側)のアアラパパ・ドライブへ。

ナビはモクルア・ドライブを進んでいきますネ。

1. 最初のビーチ通路

カイルア・ビーチから歩いてくると、最初の左手にあるのが、このビーチ通路。
どうやらビーチ通路らしいものが。

どうやらビーチ通路らしいものが。

住宅と住宅の間にさりげな~く出現した小道。

住宅と住宅の間にさりげな~く出現した小道。

いきなり海でした。

いきなり海でした。

のぞきこむと、この先には砂浜が。アッチ行こ、アッチ!

のぞきこむと、この先には砂浜が。アッチ行こ、アッチ!

2. カエレププ・ドライブ KAELEPUPU DR 向かいのビーチ通路

1.の最初のビーチ通路以降は、右手(山側)の道路とほぼ向かいにビーチ通路があります。
モクルア・ドライブとカエレププ・ドライブの角。

モクルア・ドライブとカエレププ・ドライブの角。

この先には砂浜があるハズ!

この先には砂浜があるハズ!

期待がふくらむビーチ通路。向こうにどんなビーチが待っているのか?

期待がふくらむビーチ通路。向こうにどんなビーチが待っているのか?

カヤッキングに繰り出す人の姿が。

カヤッキングに繰り出す人の姿が。

ここは・・・ちょっと砂浜が狭めです。そのぶん空いているかな~。たまたまほかに誰もいなければ、こじんまりとくつろげるマイビーチになりそうですが、雑誌のハワイ特集やガイドブックで紹介されているラニカイ・ビーチの風景とはちょっと違いますね~。
他人のお宅の庭がこんなにも近い・・・。

他人のお宅の庭がこんなにも近い・・・。

のんびり海を眺めたり雑誌を読んだり。

のんびり海を眺めたり雑誌を読んだり。

次に行ってみましょう!

3.モクマヌ・ドライブ MOKUMANU DR 向かいのビーチ通路

モクルア・ドライブとモクマヌ・ドライブの角。

モクルア・ドライブとモクマヌ・ドライブの角。

ここは、一番足場の悪いビーチ通路でした。ちょっと細くてデコボコとした箇所がありました・・・といっても大したことはありませんが。
こちらのビーチ通路を・・・

こちらのビーチ通路を・・・

歩いていきます。

歩いていきます。

カイルア・ビーチ沖のカイトサーフィンの様子も遠くに見えます。

カイルア・ビーチ沖のカイトサーフィンの様子も遠くに見えます。

なかなかイイ感じですが・・・

なかなかイイ感じですが・・・

雑誌やガイドブックに載っている「絵」とはちょっと違うかも?

雑誌やガイドブックに載っている「絵」とはちょっと違うかも?

砂浜も広くなってきましたが・・・とりあえず、次へ行ってみよう、次!

4.カイオレナ・ドライブ KAIOLENA DR 向かいのビーチ通路

モクルア・ドライブとカイオレナ・ドライブの角。

モクルア・ドライブとカイオレナ・ドライブの角。

ココ、ココですよ! メディアで見かけるラニカイ・ビーチの景色らしくなってきました! それにしても夏休み中のせいか、平日にもかかわらず、結構、人がいます。
ここ数年ですっかり人気ビーチとしての知名度が上がり、訪れる人の数もケタ違いに増えました。

ここ数年ですっかり人気ビーチとしての知名度が上がり、訪れる人の数もケタ違いに増えました。

ビーチ通路の入口にあるゴミ箱にはゴミがあふれ・・・「天国」の名前には似つかわしくない光景です。

ビーチ通路の入口にあるゴミ箱にはゴミがあふれ・・・「天国」の名前には似つかわしくない光景です。

アメリカ人がよく「小麦粉のような」と形容するビーチの砂。白くてキレイ。

アメリカ人がよく「小麦粉のような」と形容するビーチの砂。白くてキレイ。

人出があると入ってもワイキキ・ビーチとは違いますが。でもカイルア・ビーチと変わらないくらいの人出。

人出があると入ってもワイキキ・ビーチとは違いますが。でもカイルア・ビーチと変わらないくらいの人出。

沖合いに見えるのが2つ合わせて、モクルア・アイランド(Mokulua Islands)。ハワイ語でMokuは「島」、Luaは「2つの」。

沖合いに見えるのが2つ合わせて、モクルア・アイランド(Mokulua Islands)。ハワイ語でMokuは「島」、Luaは「2つの」。

ココのビーチ通路には、ビーチへ下りる階段があります。

ココのビーチ通路には、ビーチへ下りる階段があります。

木陰で天国ビーチを眺める午後。

木陰で天国ビーチを眺める午後。

ビーチフロントのお家が数件、売りに出ていました。不景気で家を手放すのか、観光地化したラニカイ・ビーチから離れるのか・・・。実はこのお家にも「売ります」の看板が。

ビーチフロントのお家が数件、売りに出ていました。不景気で家を手放すのか、観光地化したラニカイ・ビーチから離れるのか・・・。実はこのお家にも「売ります」の看板が。

ちなみにメディアの「ラニカイ・ビーチ特集」でよく掲載されているアロハ~♪ な門扉が可愛い右のお家はココのビーチ通路ヨコ。このお宅の写真、皆さんもどこかで目にしたことがあるのでは? このあたりは高級住宅街といっても、気取らない、ハワイアンスタイルのお宅が多いんです。

<おまけ>ラニカイ地区の可愛いお家、ご紹介♪
壁にホヌ(ハワイ語の「カメ」)。

壁にホヌ(ハワイ語の「カメ」)。

キュートなお魚♪

キュートなお魚♪

ペトログリフ風のヒトとホヌとネコ!

ペトログリフ風のヒトとホヌとネコ!

これぞアイランドスタイル。中を拝見したい~。

これぞアイランドスタイル。中を拝見したい~。

5.ハオケア・ドライブ HAOKEA DR 向かいのビーチ通路

うーん、いよいよ、これぞラニカイ・ビーチって感じ!? ココと4.のカイオレナ・ドライブ向かいが、おそらくメディアに掲載されることの多いラニカイ・ビーチだと思います。
モクルア・ドライブとハオケア・ドライブの角。

モクルア・ドライブとハオケア・ドライブの角。

ここからビーチへ。

ここからビーチへ。

ビーチ通路から垣間見える海が、すでに美しすぎます!

ビーチ通路から垣間見える海が、すでに美しすぎます!

どうですか、この美しさ~。(さっきから「美しい」の連発。ボキャ貧でスミマセン) どうですか、この美しさ~。(さっきから「美しい」の連発。ボキャ貧でスミマセン)

どうですか、この美しさ~。(さっきから「美しい」の連発。ボキャ貧でスミマセン)

でも・・・「美しい」以外にどんな形容詞が!? でも・・・「美しい」以外にどんな形容詞が!?

でも・・・「美しい」以外にどんな形容詞が!?

毎日こんな海を眺められたら、どんなに幸せでしょうか・・・。

毎日こんな海を眺められたら、どんなに幸せでしょうか・・・。

6.クアイリマ・ドライブ KUAILIMA DR 向かいのビーチ通路

モクルア・ドライブとクアイリマ・ドライブの角。

モクルア・ドライブとクアイリマ・ドライブの角。

わぁ~、ココもステキ~!5.のハオケア・ドライブ向かいよりは、少しだけ砂浜の幅が狭くなってきたような気がします。
住宅の間を抜けて・・・今度はどんな海に出会えるかな? 住宅の間を抜けて・・・今度はどんな海に出会えるかな? 住宅の間を抜けて・・・今度はどんな海に出会えるかな?

住宅の間を抜けて・・・今度はどんな海に出会えるかな?

モクルア島がこれまでよりも間近に見えます。

モクルア島がこれまでよりも間近に見えます。

ほかよりちょっとだけ人が少なめかな? ココで落ち着いちゃいましょう。どっこいしょ・・・。 ほかよりちょっとだけ人が少なめかな? ココで落ち着いちゃいましょう。どっこいしょ・・・。

ほかよりちょっとだけ人が少なめかな? ココで落ち着いちゃいましょう。どっこいしょ・・・。

それでは失礼して、ナビもそろそろ海へ入りま~す。 それでは失礼して、ナビもそろそろ海へ入りま~す。

それでは失礼して、ナビもそろそろ海へ入りま~す。


一番のお気に入りのエリア、見つかりましたか?

一番のお気に入りのエリア、見つかりましたか?

ラニカイ・ビーチの長さは約800メートル。ココより先は、砂浜の幅も狭くなり、住宅のすぐ目の前が海になるそうですので、ココまででストップです。

ラニカイ・ビーチは公共のビーチですが、立ち並ぶ住宅が隣接しているため、大騒ぎはつつしみたい・・・と思います。今回も、人出はありましたが、キャーキャー騒いだりしているグループはいなかったんですよ~。

人が多くても静かな印象なのは、やはり住宅街のビーチだからでしょうネ。

人が多くても静かな印象なのは、やはり住宅街のビーチだからでしょうネ。

知る人ぞ知る、隠れ場所的ビーチだったのはいまは昔。すっかり人気の観光スポットに変貌したラニカイ・ビーチですが、ビーチ自体の美しさは以前とまったく変わっていません。アクセスはあまり良くありませんが、がんばって訪れる価値は充分以上です。

ハワイにはほかにもステキなビーチはたくさんありますが・・・天国とまで呼ばれる美しさを目にしたかったら、ぜひ! ラニカイ・ビーチまで足をのばしてみてくださいね。

以上、ハワイナビでした!


  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-08-01

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

  • photo

    アロハプラス

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2009-10-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

カイルア

カイルア

日本人旅行者の人気と関心が急上昇中。ホノルルからコオラウ山脈を越えて出会える美しいビーチや、アメリカの田舎らしさにアイランドタッチが加わった町の風情がその秘密です。

カイルア・ビーチパーク

カイルア・ビーチパーク

全米ベストビーチ・ランキングの常連。パリ・ハイウェイに乗ってコオラウ山脈を越えれば、ステキなローカルタウンのトパーズ色の海に会える!