閉店・移転、情報の修正などの報告

イオラニ宮殿敷地内に「KAPU」と記されたエリアが。王族の埋葬場所だった聖なるご禁制地です。

photo

ポフカイナとはハワイ語で「穏やかで静かな地」という意味。その名の通り1865年まではカメハメハ2世とカママル妃を含む王族が埋葬されていた聖なる洞穴でした。その洞穴はオアフ島の西端ワイアナエ・コーストにあるマクア洞窟など島内いくつかの場所へ続いていたという言い伝えが残っています。亡骸がヌウアヌ渓谷の王家の霊廟ロイヤル・モザリウムに移された以後も、王族の強いマナ(魂、スピリット)が宿っていると信じられています。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

イオラニ宮殿

イオラニ宮殿

19世紀にハワイ王国を統治した君主の旧公邸。ハワイ王朝の栄華と悲劇の舞台となったアメリカ合衆国で唯一の宮殿である。