スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

ホテル 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


アクア オアシス

Aqua Oasis

閉店・移転、情報の修正などの報告

ワイキキ・ジョイ・ホテル(Waikiki Joy Hotel)に泊まってきました!

免税店、トロリー乗り場、ワイキキビーチが徒歩圏の好ロケーション!

アロ~ハ!お久しぶりのハワイからユミです。今回はワイキキ・ジョイ・ホテルの宿泊レポートをお届けします。このホテルの一番のいいところは、ロケーション。免税店の真後ろにあるので、免税店に行くには、道を横切る程度の距離。つまり、免税店の下にあるトロリー乗り場にも近く、免税店の中にあるスターバックスにも近いということです。みんなの味方「ABCストア」にも歩いて2分ぐらい。ワイキキビーチも、もちろん歩いていけますよ!

フロントを見てみよう。

ホテルの顔とも言えるフロントには、日本人スタッフから、日本語はちょっとだけのスタッフもいます。日本人のお客さんが多いので、基本的にはフロントでの言葉の心配はあまりありません。ビーチタオルのレンタル、ドライクリーニングサービス(有料)、アイロン、モーニングコール、ファックス(有料)、コピー(有料)、KCCファーマーズマーケット・トロリー・サービス(往復5ドル、片道3ドル、朝6時50分と7時50分出発)、空港までのシャトルバスやタクシーの手配、フィットネスルーム(有料)やサウナの使用をするときは、フロントにGO!チェックインは午後3時(チェックアウトは正午)ですが、部屋の準備ができていたらちょっと早めでも部屋に入れてくれるし、部屋の準備がまだの場合は荷物を預かってもらえるので便利です。ホテルに到着したら、すぐに遊びに行っちゃいましょう。

ホテル全体の施設を見てみよう。

ホテルはリフォームをしたようですが、やや使い込んだ感じがするところもあります。ホテルにはプール、レストラン「GEN」、カラオケルーム、製氷機、サウナ、コインラウンドリー(洗剤はフロントで販売)があります。大型ホテルではないのでコンパクトな感じですが、一通り施設はそろっていますよ。

客室の施設を見てみよう。

客室には冷蔵庫、金庫(有料)、コーヒーメーカー、紅茶やコーヒーのパック、コップ、テレビ、ラジオ、電話。浴室には、石鹸、シャンプー、ボディーローション、タオル(フェイスタオル、バスタオル、普通のタオルが各2組ずつ)。浴槽はなんとジャクジー(ちょっと古いかも)!歯ブラシやスリッパはありませんので、各自ご用意を!テレビの横からLAN線が出ているので、パソコンを持って行けば部屋でインターネットができます(1日9.95ドル、1週間39.95ドル、1ヶ月55.99ドル)。部屋はきれいに掃除してあるという印象でした。ベランダからの景色は・・・・うーん、うーん、オーシャンビューではないからあまり期待はできません。
<915号室のベランダから。>

<915号室のベランダから。>

朝ごはんを見てみよう!

簡単な朝食付きというのがちょっとうれしい!場所はロビー、時間は午前7時から9時まで。メニューは日によって少しずつ異なるのですが、基本的には、コーヒー、ジュース2種類、食パン2種類、マフィンなど、フルーツ2種類程度。ちょっと物足りないなあと思う方は、ABCストアでヨーグルトなんかを買って一緒に食べてもいいですよね。また、コーヒーのカップは使い捨て用も用意されているので、自室にもって帰ってゆっくりコーヒーを飲むこともできます。特に私がありがたかったのはカフェインなしのコーヒーも準備されているところ!毎朝、朝食を食べた後、部屋にカフェインなしのコーヒーを持って帰っていました。
ここで朝食。

ここで朝食。

鳥「パン、ちょーだい!」

鳥「パン、ちょーだい!」

ワイキキ・ジョイ・ホテルは「リゾート」ホテルライフを楽しむためのホテルではありませんが、街歩きを楽しんだり、トロリーを乗り回したり(?!)、お買い物を楽しんだりするにはオススメのホテルです。では、私もこれから、トロリーに乗ってお出かけしちゃおうかな♪ユミでした。では、また!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日 :2010-09-10

ページTOPへ